かぜの豆知識

かぜに関するウソ?ホント その1 監修:土川内科小児科 院長 土川 研也先生

皆様が普段よく耳にする「かぜ」、これは正式な病名でないことをご存知ですか?正式には「かぜ症候群」といい、上気道(のど・鼻など)の急性炎症のことを指します。症状は、皆様もよくご存知のとおり、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・のどの痛み・せき・たんなどに加え、発熱・頭痛などの全身症状もあらわれます。誰でもかぜをひきますが、意外と知られていないことも多くあります。実は間違っていた、勘違いしていた「かぜ」に関する情報をお届けします。

かぜをひいたらお風呂ってやっぱりダメ?

「かぜをひいたらお風呂はダメ!」というのが、昔は常識でした。
実は、かぜ気味でも熱がなく元気であればお風呂に入ってもかまわないのです。一日を通して37.5℃以下でしたら、湯冷めに気をつけてお風呂に入って良いでしょう。お風呂の蒸気はのどに適度の湿り気を与え、皮ふを清潔にして新陳代謝を高め、さっぱりすることでぐっすり寝られるなど、お風呂に入ることの利点が最近では見直されています。

汗をかくと熱が下がる?

たまに、熱を下げるために汗をかかせようと、熱が高い子供に厚着をさせている方がいます。解熱剤を使った後など、熱が下がるときに汗をかくことは事実ですが、無理に汗をかかせても熱が下がるわけではありません。つらいだけでなく、熱がこもってますます熱が上がったり、あせもの原因になったりします。
一方、熱がでるとき寒がってぶるぶると震えることがありますが、この時には、毛布でくるんであげたり、湯たんぽを使ったりして温めてあげましょう。

点滴をして栄養をつける?

ときどき、ご飯が食べられないから点滴をしてほしいと、点滴に対して過大な期待をよせている方がいます。通常、病院で行われている点滴は100kcal程度のカロリーしか含まず、缶ジュース1本分にすぎません。ですから、点滴がご飯代わりになることは期待できないでしょう。
しかし、点滴の中身はイオン飲料に近いものですから、吐いて下痢をしているような場合で、イオン飲料も飲めないような場合には非常に有効です。

このページのTOPへ

武田コンシューマーヘルスケア株式会社

© Takeda Consumer Healthcare Company Limited