かぜの豆知識

知ってる?ノロウイルス 出典:厚生労働省

冬に見られる「おなかのかぜ」は、ウイルスの感染による胃腸炎であることが疑われます。これは普通のかぜとは違い、代表的なものとしてはノロウイルスによる感染で、おう吐や下痢、腹痛などの症状を起こします。ノロウイルスに効果のある薬はなく、水分や栄養の補給、輸液などの対症療法に限られます。周囲の方と一緒に予防を心がけましょう。

ノロウイルスはどうやって感染するのですか?

ノロウイルスに汚染された貝類を生のまま、または十分に加熱調理せずに食べた場合に感染すると考えられます。また、患者さんのおう吐物や便などから感染する場合もあります。

ノロウイルスの感染を防ぐためには、どうすればいいですか?

調理や食事の前、トイレの後に石けんでよく手を洗うことが基本です。貝類を食べるときは、中まで十分に加熱しましょう(85℃で1分以上が目安)。
また、患者さんのおう吐物や便を処理するときは、使い捨てのマスクと手袋を着用し、便器やドアノブなどを塩素系の消毒剤できちんと消毒します。

ノロウイルスに感染したら、どうすればいいですか?

脱水症状にならないように水分をこまめにとりましょう。特に、体力の弱いお子さんや高齢の方は、水分と栄養の補給を十分に行い体力が消耗しないよう注意が必要です。
この場合、整腸薬を使用してもよいですが、強い下痢止めは使用してはいけません。
また、早めに最寄の保健所やかかりつけのお医者さんに相談してください。

このページのTOPへ

武田コンシューマーヘルスケア株式会社

© Takeda Consumer Healthcare Company Limited