かぜの豆知識

知ってる?新型インフルエンザのこと 出典:厚生労働省『新型インフルエンザに関するQ&A』、厚生労働省『鳥インフルエンザと新型インフルエンザ』

2009年には世界中で拡大の兆しが警鐘された新型インフルエンザ。日本各地でも感染者の報告がなされました。新型インフルエンザとは新たにヒトからヒトに伝染する能力を有することとなったウイルスを病原体とするインフルエンザであって、一般に国民が免疫を獲得していないことから、全国的かつ急速なまん延により国民の生命および健康に重大な影響を与えるおそれがあると認められているものをいいます。

今回の新型インフルエンザの特徴とは?

従来、世界的流行が危ぶまれていた鳥インフルエンザの国内感染はまだ報告されていません。しかし、ウイルスは変異することで、鳥に感染するタイプのものが、他の動物にも感染するようになることがあります。鳥からヒトへの感染が繰り返されると、ウイルスがヒトの体内で増えることができるように変異してしまい、さらにヒトからヒトへ容易に感染できるように変異する可能性もあります。
2009年、WHO(世界保健機関)より世界的大流行(パンデミック)を意味するフェーズ6に引き上げられた新型インフルエンザは、遺伝子が豚インフルエンザのものに似ていることから、確認当初は豚インフルエンザと呼ばれました。その後の研究で、今回のインフルエンザが豚インフルエンザウイルスの遺伝子のほかに、鳥インフルエンザウイルスおよびヒトインフルエンザウイルスの遺伝子も持つことが確認されています。豚インフルエンザウイルスは、定期的に豚にインフルエンザの大流行を引き起こしています。通常、ヒトには感染しませんが、米国等では散発的にヒトへの感染も報告されています。
当時は、今回の新型インフルエンザについては、季節性インフルエンザと同様に感染力が強いものの、多くの患者は軽症のまま回復しているとされました。しかし一方では、糖尿病や喘息等の基礎疾患がある方等を中心に重症化する例が報告されています。また、今後はウイルスが変異する可能性もありますので、十分な注意が必要です。

新型インフルエンザを予防するにはどうしたらいいですか?

ウイルス感染を予防するためには、手洗い・うがいをしっかりすることが大切です。手洗いは外出後だけではなく、可能な限り頻繁に行いましょう。石けんを使って最低15秒以上行い、洗った後は清潔なタオル等で水を十分に拭き取りましょう。また、ウイルスが粘膜を通して感染するため、極力鼻や口などを触らないようにしましょう。
咳、くしゃみの際の「咳エチケット」も感染予防の上では大切です。咳やくしゃみ等の症状のある人には必ずマスクをつけてもらい、自分にも咳やくしゃみ等の症状がある場合には、マスクを着用しましょう。
また、国内で発生が認められた場合には、必要のない外出(特に人が集まる場所)をひかえることが大切です。

このページのTOPへ

武田コンシューマーヘルスケア株式会社

© Takeda Consumer Healthcare Company Limited