かぜの豆知識

インフルエンザは普通のかぜとどう違う? 出典:厚生労働省

インフルエンザも広い意味で「かぜ」の一種ですが、普通のかぜとは明らかに違った存在。インフルエンザは高い熱と重い全身症状を引き起こし、普通のかぜと混同すると大変危険です。
インフルエンザと疑われる場合は、すぐにお医者さんの診察を受けましょう。

普通のかぜとインフルエンザの違いは?

普通のかぜの症状は、のどの痛み、鼻水、くしゃみやせきなどが中心で、全身症状はあまり見られません。一方、インフルエンザの症状は、38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状が強く現われるのが特徴です。 さらに、気管支炎や肺炎などを併発し重症化することもあり、特にお子さんや高齢の方、呼吸器や心臓などに病気のある方は十分注意する必要があります。

インフルエンザにかからないためにはどうすればよいのですか?

@家に帰ったら「手洗い」「うがい」をしましょう。

のどの粘膜や手指に付いたインフルエンザウイルスを取り除くのに有効です。


A流行の前にインフルエンザワクチンを接種することが有効です。

ワクチン接種は、インフルエンザにかかった場合の重症化を防ぐ方法として効果があると報告されています。また、日本でも年々ワクチン接種率が増えてきています。


B適度な湿度を保ちましょう。

空気が乾燥するとのどの粘膜の抵抗力がおち、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って十分な湿度(50〜60%)を保つことが大切です。


C十分に休養し、バランスのよい食事をとりましょう。

からだの免疫力を高めるために、十分な休養と栄養をとるよう、日ごろから心がけましょう。


D外に出るときはマスクをし、人混みや繁華街へ行くのは避けましょう。

インフルエンザが流行してきたら、特に高齢の方や慢性疾患を持っている方、疲れている方や睡眠不足の方は、人混みや繁華街への外出は控えましょう。

このページのTOPへ

武田コンシューマーヘルスケア株式会社

© Takeda Consumer Healthcare Company Limited