よくあるご質問 回答集

ベンザブロックIPプラス ベンザブロックIPプラス錠

どのような方におすすめですか。
かぜが熱からくる人、熱が最もつらい人におすすめです。さらに、発熱とともに頭痛や関節の痛みがつらい人にもおすすめです。
ベンザブロックIPとの違いはなんですか。
ベンザブロックIPの解熱鎮痛成分はイブプロフェンのみでしたが、ベンザブロックIPプラスは市販かぜ薬で初めてイブプロフェン(※)とアセトアミノフェンの2種を同時に配合しており、頭痛・のどの痛み・関節の痛みにより効果を発揮しやすくなっています。また、かぜのときに消耗しやすいビタミンCを配合しています。(※)イブプロフェンは、ベンザブロックIP450mg(成人1日最大服用量)からベンザブロックIPプラス360mg(成人1日最大服用量)に減量
熱の症状にしか効かないかぜ薬なのですか。
ビタミン類など8種類の成分がバランスよく働いて、熱の症状以外にもかぜのいろいろな症状を緩和します。
妊娠中でも服用できますか。
妊娠している方は医師、薬剤師または登録販売者に相談してください。
授乳婦でも服用できますか。
授乳中の方は服用を避けてください。
長期間のんでも良いですか。
長期間(5日以上)の服用は避けてください。もし5日間服用しても症状がある場合は、他の疾患の疑いもあることが考えられますので、医療機関を受診していただくことをお勧めします。

このページのTOPへ

武田コンシューマーヘルスケア株式会社

© Takeda Consumer Healthcare Company Limited