ベンザブロックIPプラス[第2類医薬品] より熱症状のことを考えて処方を強化※した(※自社製品比較)

かぜのさまざまな症状にも効きます[発熱][さむけ][頭痛][のどの痛み][関節の痛み]

特徴

発熱・さむけ・頭痛によく効くかぜ薬

  • ●イブプロフェンとアセトアミノフェンが、発熱・さむけ(悪寒)などを改善します。
  • ●イブプロフェンとアセトアミノフェンの2種の解熱鎮痛成分のはたらきで、頭痛・のどの痛み・関節の痛みを改善します。
  • ●かぜのときに消耗しやすいビタミンC(アスコルビン酸カルシウムとして配合)と、ビタミンPの一種であるヘスペリジンを配合しています。
  • ●8種の成分がバランスよくはたらいて、かぜのいろいろな症状を緩和します。

効能

かぜの諸症状(発熱、悪寒、頭痛、のどの痛み、関節の痛み、鼻水、鼻づまり、筋肉の痛み、せき、たん、くしゃみ)の緩和

用法・用量

ベンザブロックIPプラス

次の量を、食後なるべく30分以内に、水またはお湯で、かまずに服用すること。

年齢 1回量 1日服用回数
15歳以上 2錠 3回
15歳未満 服用しないこと

ベンザブロックIPプラス錠

次の量を、食後なるべく30分以内に、水またはお湯で、かまずに服用すること。

年齢 1回量 1日服用回数
15歳以上 3錠 3回
15歳未満 服用しないこと

ベンザブロックIPプラス[第2類医薬品] 携帯に便利なPTP包装

ベンザブロックIPプラス錠[第2類医薬品] 常備するのに便利な小型のビン包装

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)対象2017年1月施行のセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)対象商品。更に詳しくはこちら

これらの医薬品は、「使用上の注意」をよく読んでお使いください。アレルギー体質の方は必ず薬剤師、登録販売者にご相談ください。

このページのTOPへ

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)対象2017年1月施行のセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)対象商品。更に詳しくはこちら

これらの医薬品は、「使用上の注意」をよく読んでお使いください。アレルギー体質の方は必ず薬剤師、登録販売者にご相談ください。

武田薬品工業株式会社

© 2001 Takeda Pharmaceutical Company Limited.