かぜの豆知識

特に気をつけたい、小児、高齢者、妊婦のかぜ。 監修:桜みちクリニック 院長 永武 毅先生

私たちに身近なかぜ。その中でも小児や高齢者、妊婦のかぜには特に注意が必要です。免疫や体温調節が未発達な小児や、免疫力や呼吸器の機能が低下している高齢者、かぜによる胎児への影響が心配な妊婦は、適切なかぜの処置が重要です。

小児のかぜで気をつけることは?

小児のかぜの特徴は、全身症状が強く、しかもその病状の進展が早いことです。突然高熱を出したりします。特に、高熱のために大量の汗をかいた時など、小児は脱水症を起こしやすいので十分な水分補給が大切です。

高齢者のかぜで気をつけることは?

高齢者のかぜの特徴は、はっきりとした症状が現れにくく、しかも進行が早いことです。熱が出ていなくても、肺炎などが進行している場合もありますので、症状が軽くても医師に診断してもらうことが大切です。高齢者の場合、熱よりもむしろ食欲不振が、かぜの病態をはかる一つの目安となります。

妊婦のかぜで気をつけることは?

妊婦は通常、微熱が続いたり、カラダがだるくなりやすく、かぜをひいたと勘違いしがちです。そんな時、安易に薬を服用しないで、医師又は薬剤師に相談してください。また、妊娠中にかぜ薬を服用する時には、主治医に必ず相談してください。

このページのTOPへ

武田コンシューマーヘルスケア株式会社

© Takeda Consumer Healthcare Company Limited