花粉症‐知っておきたい予防と治療の知識‐

花粉症Q&A

花粉症に関する気になる疑問にお答えします。

Q.花粉症は遺伝するの?

花粉症の最大の要因はアレルギー体質の遺伝です。しかし、生活習慣や住環境など、他にもさまざまな要素があり、家族に花粉症の人がいても発症しないケースは珍しくありません。

Q.花粉症になる人とならない人は何が違うの?

遺伝的にアレルギー体質を持っているか否かが、大きな分かれめになります。それに加え、食生活を始めとする日常生活の要素が深く関わっている他、花粉が多く飛んでくるところに住んでいる人は、花粉症になり易いといえます。

Q.ある年、突然花粉症になるのはどうして?

アレルギー体質の人は、花粉という抗原を体内に取り込むと、IgE(アイジーイー)という抗体をつくります。でも、この抗体の量が一定の水準に達するまでは、症状はあらわれません。子供のころから毎年、花粉を吸って、抗体をつくり続け、やがてその水準に達しています。そこでさらに花粉を吸い込んだとき、くしゃみや鼻水などの症状が出るのです。

Q.花粉症は体質を改善すれば治るって、ホント?

確かに、アレルギー体質をなくすことができれば、花粉症は治ります。しかし、これは普段の生活を変えるだけでは不可能で、医療機関で「減感作(げんかんさ)療法」を受けるしかないのが現状です。

Q.お年寄りに花粉症が少ないのはどうして?

戦後10余年が経った1960年代になるまで、国内で花粉症はみつかっていませんでした。現在のお年寄りに花粉症の人が少ないのは、スギ花粉の飛ぶ量が少なかっただけでなく、当時の日本人の食生活や住環境がアレルギー体質になりにくくしていたからです。
また、年をとると免疫の力が低下するため、花粉に対しても敏感に反応しなくなり、若いころほどひどくなくなる場合もあるのです。

Q.「花粉症かな」と思ったときは?

医師によるアレルギー検査を受けましょう。抗原(花粉)を直接皮膚につけて反応を調べる「アレルゲン皮膚反応検査」で原因の見当をつけ、後は採血して「特異的IgE(アイジーイー)検査」で抗体の量を調べれば、診断できます。


参考:薬事ニュース社 キラキラ健康メモ「花粉症-知っておきたい予防と治療の知識-」

※花粉症-知っておきたい予防と治療の知識-について この内容は、(株)薬事ニュース社の小冊子「花粉症」-知っておきたい予防と治療の知識-をもとに同社の了承を得て掲載しています。したがって、当社の製品とは一切関係ありません。(本ページの記事・写真等を(株)薬事ニュース社の許可なく無断で複製・転載することを禁じます)

このページのTOPへ

武田コンシューマーヘルスケア株式会社

© Takeda Consumer Healthcare Company Limited